見立礫岩・天照石

長崎県日之影町見立で採取され、見立礫岩(みたてれきがん)原石は
有機物を多く含む礫岩で、昔から体を癒す不思議な石として
地元に語り継がれてきました。

見立礫岩(通称;天鉄石)は、テラヘルツ(10の12乗ヘルツ)光線と呼ばれる
パワーを発する石で、適度に温められた石の上に寝ているだけで大量の汗が
出て、その時体内の老廃物を排出するので、肝臓の機能を助け、血液やリンパ
液の循環を促進します。

テラヘルツ(10の12乗ヘルツ)光線は『浸過波長』で、細胞内の核を破壊せずに、
傷つけることもなく、浸過の際に細胞を活性させます。毛細血管を拡張し、
新陳代謝が向上するとも言われています。

見立礫岩の成分(20元素の一部)
二酸化ケイ素(石英)    52.8%
酸化アルミニウム      12.0%
酸化カルシウム       4.59%
酸化第二鉄         3.79%
酸化ナトリウム       1.24%
酸化カリウム        1.66%
酸化マグネシウム     0.668%
酸化チタン         0.529%
 
 分析:宮崎工業技術センター

見立礫岩の効果・使用方法はこちらから

残留塩素って何?

BACK